私が陥ったキッチン用ベビーゲートの盲点(正しいキッチン用ベビーゲートの選び方、賃貸での対策は?)

くまゴローがキッチンに侵入するようになり、重い腰をあげ、キッチンにベビーゲートを設置すべく、動きだしたのですが、、、

キッチンにベビーゲートを設置後に、色々な盲点があることに気づきました。
私の失敗談を参考に最適なベビーゲートを選んで下さいね!

くま美が設置したキッチン用ベビーゲートの盲点

壁が傷つく(特に賃貸の場合は困る)

ベビーゲートの設置の際、壁に傷を付けたくないですよね。
持ち家でも嫌ですが、特に賃貸の場合は、壁に傷を付けると敷金が返ってこなかったり、、、なるべく傷を付けずにしたいものです。

我が家も、壁に穴を開けたりするのは嫌だったので、突っ張り式のゲートを設置しました。
しかし、突っ張り式でも壁紙が傷つくことは想定しておりませんでした。
突っ張り式だと、結構壁に負荷がかかるので、壁紙が破れたり傷ついたりしてしまいます。

なので、ベビーゲート用の「壁保護用の滑り止めパッド」を一緒に使用されるといいです。

高さの確認をしなかった

設置する場合、当然ながら取付幅(サイズ)は確認するかと思いますが、私は高さの確認まで気が回らず。
結果この様な事態に↓

ベビー用キッチンゲートの取付に失敗したイラスト
600

取付ネジ部分が、キッチン天板より少し上でした。。。

ショックを受ける女性の顔のイラスト

まじか・・・・・・。

実際に設置するまでは分からず、盲点でした。
意外と、幅の記載は大きく載っているんですが、高さはちゃんと見ないと分からなかったり。。。(こんなの私だけ??)
これは強度にも関わってきますので、大事な部分です。

アイランドキッチンカウンター型のキッチン等に設置する場合は、必ず高さの確認が必要ですね。

※強度は気になる部分ですが、ギリギリ設置出来たので、今は気を付けながら使っていて、取り合えず問題なさそうです。
くまゴローがもっと成長して力も強くなってきたら、買い替えも含めて検討するかもしれません(涙)

隙間から棚へ手を入れられてしまう

これも設置後に、あぁそうか。となって気付いたのですが、
ベビーゲートを設置さえすれば、キッチン側は完全に安全ゾーンになると思い込んでいました。
しかし、このような事態に↓

ベビー用キッチンゲートの取付に失敗したイラスト


隙間から手を入れたがるので、気づかないと棚を閉めて、あやうく子供の手を挟みそうになってしまいました。
息子のくまゴローは常に狙ってきます。


棚を閉めるときに、多少気を付ければ済むことですが、これも設置前には想定出来ていなかったことなので、参考にしてください。


開ける向きが、決まっていた

私が購入したベビーゲートは、開ける向きが決まっていて
子供が自分でロック解除しないように、ロック解除出来る面を内側(キッチン側)にしなければならないので、外開きのようなスタイルに。↓

ベビー用キッチンゲートの取付に失敗したイラスト

それほどの不都合は無いのですが、リビング側に大きく扉を開けるスペースが必要になるので、
内開きで開けれたらよかったなと少し後悔しています。

両開きタイプのベビーゲートもありますので、そっちにすればよかったなぁと少し後悔しております。

拡張フレームが余った

これは小さなことなのですが、、、
私が購入したベビーゲートは、両端にそれぞれ拡張フレームが付いたもの。
取付幅的に、片側の拡張フレームを取り外して使うしかありませんでした。

拡張フレームは元々付属している場合が多いですが、

私のように、「ベビーゲートを使う場所を今後変えない」&「拡張フレームを使わなくていい幅」である

上記の場合は、拡張フレームが余った状態で、使うシーンも出てこない為、
余った拡張フレームが  無駄になる + 置き場所が必要

ということになります。
地味ですが、使わない物の置き場所って困るんですよね。

使わない部品は捨ててしまってもいいのですが、後々知り合いに譲ったり、メルカリで売ったり、、という可能性がある場合は、お気を付けください。

拡張フレームの「有り・無し」を選択出来るベビーゲートもありますよ!

ベビーゲートを選ぶときに他に気にすべきことは、、、

強度は十分な物か(設置場所にキッチリ組み立てることが出来るか)

ロック解除の仕方(簡単なロックだと子供が解除出来るようになったり、複雑すぎるロックだと毎回解除するのが面倒だったり、どこまでの物を求めるのかご自身に合わせて選んで下さい)
※ロック解除は使っていくうちに慣れるかなとも思います。

等ですね。

使ってみての感想

いくつか失敗したなぁと思ったことはありましたが、今のところ設置してみて思ったのは、「早く使えばよかった!
でもやっぱり、もうちょっと自宅のキッチンに合うものを探せばよかったかなと思います(汗)

でもでも!
キッチンって、赤ちゃんの興味をそそるものに溢れているし、とにかく危ない!とにかく侵入してくる!
キッチンに侵入をある程度食い止められる安心感があるだけで、随分楽になりました。

キッチンへ入らないように、いかに労力を使っていたか痛感しますね。


キッチン用に使うベビーゲートにも、種類や設置方法等、色々なものがあります。
細かい事を気にし出すと、100点のものを探すのは難しいと思います。
ですが、少しでも安全に過ごせるように、皆さんのキッチンに最適なベビーゲートを選んで下さいね!

この記事が、皆さんのキッチン用ベビーゲートを選ぶご参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました